はなまつり

2020/04/08 住職雑記帖

今日、4月8日はお釈迦さまの誕生日、はなまつりです。

 

光西寺では、ふるくから4月1日に「親鸞聖人誕生会・はなまつり・誕生児初参り式」という法要をつとめてきました。

数年前から、仕事をしてるお母さんたちも参加しやすいようにという願いで、4月の第一日曜日に変更しています。

お釈迦さまの誕生、親鸞聖人の誕生ということにちなみ、今年一年生まれた誕生児の初参り式を執り行ってきました。一年のうち、お寺が一番賑う日でもちなげや余興もあることです。

今年は残念ながらコロナの影響でやむなく中止のなりました。来年はまた賑やかにお勤めできますよう。

しかし、愛野町の「寺ノ尾」という自治会には釈迦堂があり、地域の人が毎年はなまつりを行っており、私も呼ばれて、正信偈を一緒にお勤めしてお話ししてきました。

寺ノ尾のはなまつりも、もちなげはなくちょっと寂しくもありましたが、桜の花を満開過ぎてましたが、とてもキレイでした。

ここの誕生仏と花御堂はもとは光西寺で使っていたものでしたが、前住の頃に新調して、以前のは、寺ノ尾のみなさんにお譲りして使ってもらってます。例年、とてもキレイにお飾りしてあります。

 

今から2500年以上前、お釈迦さまはインドにお生まれになりました。

その時、甘露の雨が降り注いでお釈迦さまの誕生を祝福したということです。誕生仏に甘茶を灌ぐ、灌仏のお言われです。

お釈迦さまは生まれてすぐに七歩歩まれて「天上天下唯我独尊」と宣言されたと伝えられます。

 

 

そのようなことはありえない、伝説に過ぎない、と笑われる方もあるかも知れませんが、そうではなく、大事なことを教えてくださる物語としていただいていきたいものです。

 

お釈迦さまが生まれてすぐに「天上天下唯我独尊」と宣言されたということは、それはお釈迦さまのオギャーという産声がそのような意味を持つということでしょうし、それはお釈迦さまだけでなく、私たちもまた同じ意味を持つということでしょう。

私たちが生まれた時のオギャーという産声は、「天の上にも天の下にも、唯、我独りとして尊い」という意味を持つのです。人として生まれたということは、誰とも代わることのできない、尊いいのちをいただいて生まれてきたということを教えてくださるのでしょう。

もうひとつ、ある先生から教えていただいた言葉を紹介します。

オギャーという産声は世界共通語だ、というものです。

世界中のありとあらゆる人は、みんなオギャーと生まれてくるんだ、「ハロー」でもなく「ニイハオ」でもなく、「オギャー」なんだ、ということです。そして、それを翻訳したら、「私は1人では生きられません。お父さん、お母さん、私を助けてください。私のお世話をしてください」ということです。そうやって、力一杯叫んで、この世に生まれて来るんですよ、という趣旨の話でした。

 

そういう産声の二つの確かめを大事にしたいなと思う、4月8日のはなまつりでした。